FC2ブログ

暮らしを楽しむこと

受け継がれるもの




3日間行われた
諏訪大社上社の里曳き


私の記憶に残しておきたいので

写真をいろいろと・・・。





川越しをした御柱の休んでいる場所から






諏訪大社上社にむかって

曳行が始まります。




上社では

長持ちなどがおこなわれていて

とっても賑やか


雨がやんで良かった。

里曳き2日目に
両家の母と参加出来ました^m^

「次の御柱は引っ張れないね
もう80を過ぎるから
柱の近くにこれないね」

二人の母がそう言うので
みんなで絶対に参加しないと
いけないねって

娘と息子も一緒に参加しました。





参加したからには

真剣に

御柱を曳こうね


ふっと見上げると


遠くに八ヶ岳



あの八ヶ岳の麓から

ここまで進んできたんだなって

改めてみんなの力の凄さを感じました。


みんなで力を合わせると

スーッと御柱が動き出す。


子供の木遣り
子供のラッパ


みんな
頑張ってる


大人たちからいろいろ教えてもらって
こうして受け継がれていくのだな

そう思いました。




お昼の休憩の時に

ちょっと
御柱の近くに行ってみました。

女性は乗せてもらえないので
近くで見れて良かった。





だんだん上社に近づいて来ると

里曳き難所の鳥居があります。

1つめの鳥居を

綺麗にくぐって
歓声や拍手がおこりました。


二人の母は

最後まで曳きたいと
綱をもって
境内に

今度も難所





片方ずつ
ゆっくりと






みんなの真剣が伝わってくる

無事にくぐれますように

みんなの願いが一つになって

綺麗に鳥居をくぐって

大きな御柱が無事に

建てる場所まで到着しました。


2日目はここまで


二人の母の満足そうな顔

見れて良かった。


3日目の最終日

御柱を無事に建てるための準備が始まっています。

ここからは
すべてパパさんから
送られてきたもの





私達は
地元のテレビを

朝からずっと眺めていました。




陽の光に

輝いている


みんなの願いが

一つになっているみたい。



御柱の上がる瞬間は

ドキドキします。




無事に綺麗に建てられて

本当に良かったと一安心。


本宮、前宮の
全部で8本の柱が建ちました。

熊本の復興を願っての
メッセージが

書かれていたところも
ありました。


遠くはなれていても
みんなの願いが届きますように。






別の柱で
大変哀しい事故がありました。
無事に柱が建ったあとの事故でした。

心からお悔やみ申し上げます。




素敵な暮らしをされている方がたくさん♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ<="" a>にほんブログ村<="" a>"="">
にほんブログ村
↑ ↑
読んだよ~とクリックしてくれたら
うれしいです♪
どうぞよろしくお願いします。


パパさんの手作り品♪



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://camomin.blog.fc2.com/tb.php/520-ab4ebae5